お知らせ・小田原歯科便り

スタッフブログ

よくかんで食べるといいこといっぱい!

2019年08月17日

こんにちは、小児科の虫歯予防、成人の歯周病予防に努めております、鹿児島市小田原歯科の歯科技工士有迫ですhappy01

夏休みも、半分過ぎましたね・・・

暑い日が続いていますが、夏バテなどしていないでしょうか?

のどごしの良いものばかりでなく、よくかんで食べていますか~coldsweats01

しっかり食べると唾液が出ます。唾液は、虫歯予防に役立っています。しかし、柔らかい食べ物や加工食品などあまりかまないで食べられるものが多いと、唾液があまり出なくなってしまいます。

 

かむことで、あごの筋肉が動き、周りの血管や神経が刺激されて脳の血流が良くなります。そして、脳の働きが活発になり、記憶力や集中力が高まります。また、脳の満腹中枢が刺激されると「おなかいっぱい」と感じるため、食べ過ぎを防ぐ効果もあります。

唾液は、口の中に残った食べかすなどを落としたり、食べ物を食べて酸性になった口の中を元の状態に戻す働きがあります。

この機会に普段の食生活について見直してみてはいかがでしょうかhappy01

今年の成果のご報告♡

2019年08月10日

こんにちは、小児のむし歯予防・成人の歯周病予防に努めております鹿児島市小田原歯科の受付下野ですconfident
早いものでもうお盆がやってまいりましたsign01
この時期はうだるような暑さの中、お墓参りに行かれる方も多いと思いますcoldsweats01
熱中症対策には水分補給はもちろんですが、同時に塩分補給も欠かせないそうですflair

さて、下野の塩分補給といえば…

DSC_0705.JPG

毎年恒例の自家製梅干しでございますshine
今年は11㎏漬けましたflair
このブログを以前見てくださった方から赤紫蘇を直接購入させていただいたり、また今年も漬けるの?など受付で気にかけてくださる方もいらっしゃったり、梅談議をいろいろな方とできることが個人的に至福の幸せですlovely



お盆後半は台風も心配されておりますので、皆様お気をつけてよいお盆をお過ごしくださいwink

 

お盆休みのお知らせです

2019年08月03日

こんにちは
小児の虫歯予防、成人の歯周病予防につとめている鹿児島市の小田原歯科 歯科衛生士の西村です。

8月にはいり、毎日本当に暑い日が続いていますが、みなさん、熱中症対策は万全でしょうか?
県内でも、熱中症で救急搬送されるニュースを耳にするようになりました。
熱中症になる要因には、気温が高い、湿度が高い、炎天下での活動で、休養や水分を摂らない。などが挙げられるようです。お仕事や部活などで外での活動が多いかたは、特に注意が必要ですね。
室内でも、こまめに水分補給したり、上手にエアコンを使ったりして、猛暑を乗り切りましょう!

小田原歯科のお盆休みは、8月11日から15日までとさせていただきます。16日金曜日から、通常の診療を致します。
どうぞよろしくお願い致します。

 

ゴールに備えてお口もスッキリ

2019年06月25日

こんにちは
小児の虫歯予防、成人の歯周病予防につとめている鹿児島市の小田原歯科 歯科助手の井手之上です

もう6月も終わり、「今年も半分過ぎたの!?」と私は驚きを隠せないところです…


さて、夏になると学生の皆さんは「受験の本番!!!」と先生方からよく言われるようになるのではないでしょうか?
ご本人もご家族もとてもストレスのたまる時期だと思います

毎日学校でたくさん宿題が出て、部活も頑張りたい!塾に行けばまた宿題・・・shock
そんな生活を送っている学生さんも多いと思います
目標に向かってがんばっているとき、息抜きにぜひ、歯のお掃除にいらしてください!!shine

思春期はホルモンのバランスが乱れやすく、生活習慣の変化から奥お口の中のトラブルも出やすくなっています

いざ受験の本番だったり、部活で今までの頑張りを発揮するとき、
お口のトラブルが原因で力を発揮できないととってももったいないです

はやめの対応でお口をすっきりさせて、
目標に向かって準備をしましょう!run

食中毒の季節になりました

2019年06月08日

成人の歯周病予防、小児の虫歯予防につとめている鹿児島市の小田原歯科、歯科衛生士の西村です。

梅雨に入り、食べ物の傷みが気になる時期になりました。
みなさん、食中毒の予防と言えば
①よく加熱する
②手洗いの徹底
などが、思い浮かぶのではと思います。
しかし、もう一つ、知って頂きたい事がありますhappy01
それは…

よく噛むことsign03

です!

ちょっと意外に思いますか?
実は、胃で分泌されている胃酸は、pH1~2の強酸性で、これが食中毒の菌をやっつけてくれる働きをしますscissors
よく噛んで、食べ物の表面積を増やし、胃酸に触れやすくすると、食中毒の予防につながるというわけです。
ゆっくり、よく噛んで、悪い菌に負けない身体にしましょうhappy02