お知らせ・小田原歯科便り

2015年8月

2015年8月の記事一覧です。

リカルデントについて


こんにちはshine虫歯予防・歯周病予防に努めている鹿児島市の小田原歯科の歯科助手、井手之上ですsmile
セミの声が聞こえたり、虫取り網やかごを抱えた子ども達を見ると「ああ・・・夏だなあ・・・」としみじみ思ってしまいますsun


さて、本日は虫歯予防の強い味方、リカルデントについてお話ししますshine

お口の中は虫歯菌の出す酸の影響でカルシウムやリン酸といった歯の成分が溶け出す「脱灰」と、だ液の力によって溶け出してしまったカルシウムやリン酸が歯の中に戻る「再石灰化」をくりかえしています。ですが!!!そのバランスが崩れてしまうと虫歯になってしまうのです・・・impact(詳しくは2015年2月の馬場さんのブログをご覧くださいsweat01

再石灰化を促しているのは、だ液に含まれるカルシウムなどのミネラル分です。しかし、乳歯や永久歯の生え始める時期やだ液の分泌量が減少してしまう中高年期では再石灰化が抑えられて、虫歯になる危険が高まってしまいますshock


そこで注目するのがリカルデントですwink
リカルデントは牛乳由来成分で、歯の原料となるカルシウムやリンを補給してくれる・・・つまり再石灰化を促進してくれるのですsign03他にも脱灰の抑制や細菌のだした酸を中和する働きもあり,虫歯に強い丈夫な歯をつくることができるのですscissors

また、虫歯菌を弱らせて虫歯の原因となる酸を作らせないキシリトールと合わせて使うことで効果はさらに増大して新しい虫歯の発生を強く抑えることが期待できますnotes

ただ、すぐに効果が現れるものではないので、1日数回、毎日の習慣にしてくださいませwink
もちろん!これだけで虫歯が防げるわけではありませんcrying毎日のはみがきをしっかり行いましょう!!runフッ素入りの歯みがき粉やジェルを使うとより効果的ですnote

最後に!!絶対に注意していただきたい事があります・・・wobbly
リカルデントはチーズや乳製品、牛乳に含まれている成分です。乳製品のアレルギーをお持ちの方は摂取を控えるようお願いしますsweat01