お知らせ・小田原歯科便り

2015年11月

2015年11月の記事一覧です。

『ホットリップエステ、プラセンタ始めました。』

2015年11月20日

こんにちはsun

小児の虫歯予防・成人の歯周病予防に努めているshine 鹿児島市小田原歯科 歯科衛生士の中村です。

朝晩だいぶ冷えてきて、乾燥も気になるこの季節ですが、皆さまsign01 唇のケアは万全でしょうかsign02

唇は、皮脂腺・汗腺が無い為皮脂膜が出来ず、粘膜に近い構造のため、

とてもデリケートsign01なんです。wobbly

その為、水分が蒸発しやすく、カサツキ易く、荒れやすくなり ダメージを受けやすいのです。sweat02

そう,水分ダダ漏れsweat01 枯れ木になりやすい crying

 

唇の老化は、20歳から始まっています sign03

今、ショックを受けていらっしゃる そこの あ・な・た heart01

 

大丈夫です  happy01  小田原歯科に併設された、『ホワイトエッセンス 鹿児島吉野店』では

カサカサ・しわしわ・くすんでしまった唇の強い味方punch

『ホットリップエステ』kissmarkshine があります sign03

hotripesute.jpg

 

針を使用しない、安心安全confident な施術で、女性の憧れ 「ぷるんとした唇」へheart04

老化が一番早いと言われる唇の構造を考えて作った、専用の美容液と オリジナル施術で

自然とふっくらlovely ノーメイクでも潤う唇に仕上げます。

1回の施術でも、唇の色が明るくなり、ぷるんと潤いが出て、ツヤツヤ感が実感できますcatface (私も実感出来ました!)

20151119.jpg

 

1回15分 3000円 とお手軽に受けられますnote

クリスマス等 イベントの前に、「ホットリップエステ」で

色鮮やかなぷるんぷるんの唇を手に入れませんか kissmarkshine

温熱パックで 気持ち良く うとうとしている間に、唇がぷるんぷるんになりますよ~confident

スタッフの間でも好評ですwink

詳しくは、スタッフまで。お電話お待ちしております note

タイトルが、「冷やし中華始めました」のようなノリですがsweat01

プラセンタも同時スタート致しました sign03

9月29日の 川井田さんのページでご紹介してありますので、併せてご覧ください wink heart04

 

 

お口の中からインフルエンザ対策!(^0^)/

2015年11月13日

こんにちは!!小児の虫歯予防、成人の歯周病予防に努めている、
鹿児島市小田原歯科歯科助手の井手之上ですcatface

すっかり朝晩冷え込んできて、冬が近づいていることを感じる今日この頃ですが、体調を崩したり、風邪をひいたりしていませんか?sweat01インフルエンザも流行しだしているので、より一層体調管理には気をつけたいですよねshine


ということで、本日はインフルエンザとお口の中の関係についてお話しさせていただきますwink
インフルエンザの予防といえば・・・うがい手洗い、予防接種、外出時のマスク着用がありますが、お口の中をきれいにしておくこともとっても効果的なことなんです!!scissors

 

お口の中には多くの細菌がいて、たんぱく質を分解する酵素などを作りだします。これがのどの粘膜を保護している糖たんぱく質というものを壊してしまうため、インフルエンザのウイルスがくっつきやすくなってしまうのですcrying
インフルエンザは口から感染しやすいため、お口の中に細菌が多いと口やのどの粘膜にくっつきやすくなってインフルエンザに感染する機会が増えてしまいます・・・shock

 

健康なお口の中は唾液の力によって歯の表面や粘膜についた細菌や汚れを洗い流す自浄作用がはたらきますが、免疫力が落ちているときや歯みがきが十分でなかったり、歯周病などでお口の中に細菌が増えてくるとその機能が低下してしまいますsweat01

また、歯科衛生士による口腔ケアを受けた方とそうでない方のインフルエンザの発症率を比べると、口腔ケアをした方の発症率がそうでない方の10分の1になったというデータもあるのですsign03

 

虫歯や歯周病の予防が同時にインフルエンザの予防にもつながりますflair

ご自身での歯みがきによるセルフケアと、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアでお口の中を清潔にするようにしましょうnotes
もし、忙しくて歯みがきをする時間がない・・・wobblyという時には、うがいをしたり、お茶を飲んでのどに付着した細菌やウイルスを洗い流してしまいましょうpunch

お口は体の入り口ですkissmarkshine
予防をしっかりしてインフルエンザに負けないようにしましょう!!run

お口の健康を守る商品たち(^^)v

2015年11月07日

こんにちはsmile小児の虫歯予防、成人の歯周病予防に努めている、

鹿児島市小田原歯科受付の馬場ですribbon

 

寒暖の差が激しく、日々の洋服決めや体調管理の難しい時期になりましたねsnowsun

早いもので今年も残すところあと2ヵ月弱sign031年があっという間すぎてビックリですeyeimpact

 

さてさて、今回は受付にて販売している商品のおススメBEST3をご紹介したいと思いますnotes

さっそく、第1位sign03

「キシリトールタブレット&キシリトールガム」

キシタブ.JPG

 

このブログ上でも度々登場したキシリトールですが、甘いのにむし歯の原因にならない、

唾液の分泌を促す、むし歯の発生・進行を防ぐ、悪玉菌を善玉菌にかえてくれて

歯からはがれやすくしてくれる、等々…

むし歯予防にもってこいの甘味料ですshineそのキシリトールをガムやタブレットで

気軽に摂取できるとあって、患者様に大変人気ですheart

ちなみに、当院のスタッフにも人気で、

私の師匠であり相棒でもある受付の下野さんは、

キシリトールタブレットを箱買いします(笑)bleah

ガム・タブレットのお味もそれぞれ美味しいですし、

ガムを噛めない小さなお子様も

タブレットでしたら召し上がって頂けると思いますので

お子様のむし歯予防にもおススメですよlovelygood


続きまして、第2位sign03

「フロス」

フロス.JPG


歯垢の貯まりやすい、歯の間と歯ぐきの中despair

歯ブラシだけでは歯の間、歯ぐきの中の汚れを完全に取り除くことは困難ですsad

そこで活躍してくれるのが、フロスshine

皆さんは、「Floss or  Die」という言葉をご存知ですかsign02

実は1997年頃に生まれ大流行した言葉なんですimpact

直訳すると「フロスか死か」。もっとわかりやすくすると、「フロスをしないで歯周病になって、
それが原因で病気になり死んでしまってもいいのですか?」という意味なんですbombcoldsweats02

こんなに恐い言葉が生まれたのは、歯周病菌は様々な全身の疾患を引き起こす原因になるためですsweat01sweat01

歯のためイコール全身の健康のためにフロスを歯磨きと合わせて使われる習慣を
身に付けられることをおススメしますsign03confident



そして最後に 第3位sign03

「アパガードリナメル」

リナメル.JPG



アパガードというと、昔流行ったあのCMを思い出す方も多いのでは(笑)flair

歯磨きを頑張っているのに、歯に着色が付いてしまい悩まれている方…朗報ですscissorsshine

 

実は歯の表面には歯磨剤などによってつけられた多くの傷がありますsweat02

その傷に色素が入り込み汚れて見えてしまっているのですcryingsweat01

なんと、このアパガードリナメルはその傷を修復してくれる力があるんですsign03イイんですsign03クウ~good

また一般的な歯磨剤とは違い研磨剤が含まれていないので、もちろん歯を傷つけることは

ありませんhappy02heart04汚れを吸着して落としているのですflair

また、歯の表面のエナメル質とほぼ同じ成分で作られているので、食事などによって

溶けてしまったエナメル質や初期むし歯を再生させる効果も備わっている優れものlovely

芸能人でなくとも、人間、歯が命であります(笑)bleahshine

 

おススメ商品BEST3いかがでしたでしょうかnotes

他にも、皆さまのお口の健康を守る優れものを多数取り揃えておりますので、

是非、お口にまつわるお悩みを受付にてお気軽にご相談くださいませconfidentheart