お知らせ・小田原歯科便り

2017年7月

2017年7月の記事一覧です。

夏と言えば麺ですが・・・

2017年07月29日

こんにちはsun

小児の虫歯予防・成人の歯周病予防につとめている鹿児島市の小田原歯科の受付の境田ですhappy02

あっという間に7月も終わりに近づき、日々暑さが増しているような気がしますねsweat01

毎朝通勤中に見かける朝顔や、真っ黒に日焼けをした子供たちを見て、夏を感じていますshine

最近はカンカンに日が照っていると思いきや、突然の大雨や雷!といったように、

お天気がコロコロと変わり、傘が手放せませんcoldsweats02

突然の雨に降られて体調を崩してしまわないよう、体調管理も気をつけたいところですcherry

 

突然ですがみなさん!暑い夏に食べたくなるものはなんですか??

私は、そうめんや冷やし中華のような、食欲がなくてもツルっと食べられる冷たい麺が食べたくなりますnotes

ですが、そんな冷たい麺を食べるときには、少し注意が必要なんですflair

冷たい麺を食べるとき、「ツルッ」とあまり噛まずに飲み込んでしまいますよねnoodle

実は、「あまり噛まない」という行為は、口臭の原因になってしまいます!

噛む回数が少ないと自浄作用のある唾液の分泌が少なくなり、口の中に菌が繁殖しやすくなってしまいますsweat01

また、舌に汚れがたまって菌が繁殖してしまうこともあります!

食事後の歯磨きや、舌クリーナーで汚れをきちんと落とすなど、口腔ケアに注意して、夏を存分に楽しみましょうwinknote

熱中症とスポーツドリンク

2017年07月14日

こんにちは 鹿児島市で小児のむし歯予防と成人の歯周病予防に取り組んでいる

小田原歯科の歯科衛生士 宇治野ですhappy01

 

暑い季節になりましたがお変わりなくお過ごしでしょうか。

夏と言えば近年では毎年ニュースにもなる「熱中症」sun

今年は5月半ばから熱中症で救急搬送!などのニュースが飛び込んできていましたねhospital

熱中症とは高温多湿の環境下で、脱水が進むことで起こるのですが、

屋内でも条件がそろえば発症してしまうので、注意が必要です。

 

この熱中症対策に、とよく飲んでいるのを見かけるのが「スポーツドリンク」ですが

実はこれ、大きな間違いの元になりかねないのをご存知でしょうかsign02

 

みなさんはスポーツドリンクに含まれる糖分の量をご存知でしょうかeye

なんとペットボトル1本に対して30g(角砂糖7.5個分)も含まれているのですsweat01

WHO(世界保健機関)が発表している砂糖の成人の一日あたり摂取量は25g

かる~く超えている・・・shock

 

砂糖は摂り過ぎると塩と同じく「毒」にもなります。

 

経口補水液としての条件は「ナトリウム」「カリウム」「ブドウ糖(糖分)」のバランスが取れていることです。

このバランスが崩れると、脱水に対する水分補給効果はなくなりますsweat01

「スポーツドリンク」は含まれるナトリウムとカリウムは少なすぎ(必要量の3分の一以下です)

糖分は多すぎ(3倍以上)なのですshock

しかも液性は酸性・・・。

一晩歯を漬け込んでおくと表面が解かされて白く変色しますsweat02(←スタッフのお子さんが夏休みの課題で実験してました)

 

つまり、熱中症対策やスポーツ時の発汗に対して「スポーツドリンク」を摂取しても補水液としての意味がありませんweep

おいしいのは確かなのですが・・・catface

逆に激しい運動時に糖分を過剰に摂取するとインスリンが消費されかえってエネルギー不足になるそうです。

 

また、スポーツドリンクに含まれる糖分によって急性・慢性の糖尿病リスクが高まることや、

塩分不足でもないのにナトリウムを過剰に摂取することで逆にのどが渇いてしまうことなどは知られていませんねsweat01

 

スポーツドリンクはあくまで清涼飲料水=ジュースであると言うことです。

 

もし本当に熱中症に対策するならば、適度なタイミングでこまめに水や麦茶などを飲むことをお勧めしますflair

また、激しい運動時などで脱水が心配な場合はそれこそ経口補水液を飲用しましょう。

通常のスポーツ時のオススメは「麦茶」&「梅干」ですsmile

 

こまめな水分補給と体温調節で、例年より熱くなると予想される今年の夏を乗り切りましょうsun

 

夏バテになりやすい生活習慣

2017年07月01日

こんにちはsun

小児の虫歯予防・成人の歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科、歯科衛生士の川井田ですconfident

7月に入り、だいぶ暑くなってきましたchickchickchick

夏バテしやすい時期になりましたが、皆さん体調の方は大丈夫でしょうかsign02

夏バテを引きおこす原因の代表的なものとして生活習慣がありますsign03

普段の生活習慣を見直すだけでも夏バテ対策になりますので、今の自分に当てはめてみて、下の項目で当てはまる項目が多いほど

夏バテになりやすいですcoldsweats02

・インスタントフードばかり食べている。

・スナック菓子などを頻繁に食べる。

・食事を朝・昼・夜の三食きちんと食べていない。

・食事の時は、揚げ物ばかりを好んで食べる。

・野菜はほとんど食べない。

・ジュースや炭酸飲料ばかり飲む

・アルコールをたくさん飲む

・冷房が効いた場所にいることが多い。

・入浴はシャワーだけで済ますことが多い。

・睡眠時間が少ない。

・規則正しい生活を遅れていない。

・運動はほとんどしない。

 

どうでしたかsign02わたしも日ごろの生活習慣を改善して夏を楽しみたいと思いますnotenotenote