お知らせ・小田原歯科便り

2015年1月

2015年1月の記事一覧です。

歯周病について

2015年01月31日

虫歯予防、歯周病予防に努めている鹿児島市小田原歯科の歯科衛生士の郡山ですnote

みなさんは、“いつも歯肉の同じ部分が腫れて赤くなっているな”と感じたことはありませんかsign02

実際に患者さんから「歯磨きをすると、血が出る事があるんです…」

と、相談を受けたことがありますsweat01

それは、ジンジバル・プラーク(歯周ポケットの中に溜まったプラーク)が原因かもしれませんeyeimpact

歯周病は必ずと言っていいほど、隣接面(歯と歯の間)の歯周ポケットから発症しますthunder

どんなに一生懸命歯磨きしても歯周病になってしまうのは、この部分のプラークを除去できていないからですweep

そこで必要なのがデンタルフロス(糸ようじ)sign05cat

歯周病の予防と改善には歯ブラシで歯の面を磨くだけでは不十分crying

歯周ポケットに届く道具を選び、隣接面のジンジバル・プラークコントロール(歯周ポケット1˜2mmのケア)を行うことが必要不可欠ですflairなにより、歯周病は「歯肉炎」を経て「歯周炎」にいたるということを、みなさんに知って頂きたいですsign01

歯肉炎は歯周病の第一段階。このときに適切なケアをしていれば、歯周炎へと進行することはありませんflair

もし、「今の歯磨き方法が不安だな」「糸ようじの使い方がわからない」という疑問を持っている方がいらっしゃったら遠慮なく私たちにお尋ね下さいhappy01

私たちはみなさんのお口の健康をお守りしますwinkheart04

 

セレック その2

2015年01月25日

虫歯予防、歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の技工士、有迫です。

前回、このブログで、説明した「セレック」について、画像を付けて紹介しようと思います。

 

DSC_0256.jpg

 

まず、この機械で、模型を読み込みます。

 

DSC_0251.jpg

 


 

次に、パソコン上で立体的に、歯を設計します。

 

DSC_0260.jpg

 

これが、実際に歯を削りだす「ミリングマシーン」です。パソコンのデータをこの機械に、送信し、歯を削りだしていきます。

 

DSC_0270.jpg

 

このブロックを、削りだしていきます。

 

DSC_0285.jpg

 

ミリングマシーンに、このブロックを装着します。

 

DSC_0294.jpg

 

削りだしている途中の画像です。

 

DSC_0358.jpg

 

削りだしたブロックを、研磨、艶出しして完成となります。

パソコン内にデータを保存してありますので、破折などにもすぐ対応することができます。それも、「セレック」のメリットの一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キシリトールの効果的な選び方☆

2015年01月17日

虫歯予防、歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の受付下野ですhappy01

さて、昨年の郡山さんと馬場さんに引き続き、今回もキシリトールのお話をさせていただきますpencil
皆さまに「下野さん、なかなか商売上手だねsmile」とからかわれながら、たくさんの方々にお買い求めいただいている歯科専用のキシリトールガムですが、私が歯医者での購入をおススメしているのには、それなりの理由があるのですsign03
皆さま、市販のキシリトールガムと歯医者に置いてあるキシリトールガムには違いがあることをご存知ですか?
同じ『キシリトールガム』という名前がついていますが、実は大きな違いがありますflair
それは、キシリトールの含有量ですsign03
歯科専用キシリトールガムは、甘味料としてキシリトールを100%使用しているので、むし歯の原因となる成分は入っていません。
一方、市販のキシリトールガムには、キシリトール以外にも甘味料が含まれているのす。
むし歯予防に効果のある選び方のポイントは、その製品に使用されている甘味料の50%以上がキシリトールである、もしくは、総重量のほとんどがキシリトールで占められていることflair
パッケージに『キシリトール』と記載があっても、その他の甘味料に水あめ(還元水あめならOK)などが入っていると効果が期待できませんsad
そのため、歯科専用キシリトールガムが、ベストな選択と言えますshine

まだガムのかめないお子さまや、つい口さみしくて甘いものを欲してしまう大人の皆さまには、甘くてかたいラムネ菓子のような、キシリトール100%のタブレットもご用意がございますので、皆さまぜひ1度お試しくださいませwink

セレック

2015年01月10日

新年、あけましておめでとうございます。

虫歯予防、歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の副院長の前田です。

今年一発目のブログを担当させて頂くということで少しまじめな話をさせて頂きます。

 

 

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、去年の4月から

小臼歯(糸切り歯の後ろ2本の歯)を保険で白く被せることができるようになりました。

 

その白い歯を作ってくれるのが……………技工士さんではなくて、

 

 

 

セレックなのですsign03

 

まあ、細かい調整や仕上げは技工士さん頼りなんですが……(頼りにしてます有迫さんsign01

 

 

とにかく、セレックとは何かといいますと、コンピューターが被せ物を削りだす装置なのです。

 

詳しくは、スキャナーで歯の模型を読み取って、その模型のデータから被せ物をデザインします。

そして、そのデザインされたデータを元に削り出すというわけです。

 

これによって、一度作られた被せ物のデータは保存されていますので、万が一割れてしまったり、

外れて紛失してしまったりしても、そのデータをもとに作り直すことができます。

 

しかも、コンピューターが削り出す時間は数十分なので、お電話を頂ければ、当日のうちに作り直すことも可能となります。

 

 

 

 

ということで、何かご質問等ございましたら、遠慮なくどうぞ。