お知らせ・小田原歯科便り

2019年10月

2019年10月の記事一覧です。

かぜとインフルエンザって何が違う?

2019年10月16日

こんにちは、小児科の虫歯予防、成人の歯周病予防に努めております、鹿児島市小田原歯科の歯科技工士有迫ですhappy01

朝晩はめっきり涼しくなりましたが、まだ昼間は暑いですねcoldsweats01

今年は早くもインフルエンザの流行期を迎えましたね。

今回はかぜとインフルエンザの違いをお話します。

「かぜ」

ウイルス・・・・アデノウイルス など

感染力・・・・弱い、ウイルスは少しずつ増える

発熱・・・・37~38度程度

症状・・・・くしゃみ・発熱咳・のどの痛み・体のだるさ など

治るまでの期間・・・・一定ではない

流行・・・・一年通して

「インフルエンザ」

ウイルス・・・・インフルエンザウイルス

感染力・・・・非常に強い、ウイルスがのどや鼻の粘膜にくっつ急激に増える

発熱・・・・38度以上の高熱

症状・・・・かぜの症状に加え悪寒、全身の筋肉痛や関節痛 など

治るまでの期間・・・・7~10日位

その他・・・・気管支炎、肺炎にも合わせてかかりやすい

いつもと違うと、感じたら無理せず、休養する選択も大切なことですconfident

 

毎日の歯磨きで、お口の中の細菌数を減らすことが、かぜ・インフルエンザ予防につながりますsign01

お口の中を不潔にしておくと、かぜ・インフルエンザ感染を助長します。

お口は体の入り口です。予防をしっかりして体調管理にはお気をつけ下さいhappy01

 

 

 

 

 

食欲の秋、食中毒にご用心

2019年10月08日

こんにちは
小児のむし歯予防、成人の歯周病予防に努めている鹿児島市の小田原歯科 歯科助手の井手之上です

秋真っ盛りということで皆さま様々な秋を楽しまれているかと思います
ところで、以前受付の境田さんも食欲の秋でブログを書かれていましたが、私も便乗して食についてお話をしたいと思います

実は一年で食中毒が多いのが秋maple
夏バテや一日の寒暖差で体力が落ちて免疫力が低下しているため、体調を崩しやすくなるためと考えられています
また、行楽シーズンや運動会、お祭りなどで屋外での食事も増えることも原因になりますriceball


やはり、食中毒を防ぐためには
①手洗いうがい
②菌を増やさない
③加熱して食べる
が代表的な対策ですが、実はよく噛むことも食中毒の予防につながります

なぜかというと、よく噛むことで食べ物の表面積を大きくしてあげるとを胃液に触れやすくなります
そうすることで胃酸で菌を殺すことができるといわれていますpunch

よく噛んで、ぜひ秋の味覚をたのしまれてくださいね!