お知らせ・小田原歯科便り

2015年3月

2015年3月の記事一覧です。

メインテナンスはじめませんか??~PMTCについて~

2015年03月27日

こんにちはsign03
虫歯予防、歯周病予防に努めている鹿児島市の小田原歯科の歯科助手、井手之上ですcatface


もうすぐ4月・・・先日は甲突川でもお花見が解禁されて、当院の近くにある御召覧(ごしょらん)公園の桜もきれいに咲いてすっかり春らしくなってきたなあと思うこの頃ですcherryblossom春と言えば、気分を一新したり、新しいことをはじめるのにとってもいい季節ですよねflair

「今まで気になっていたけど・・・」「少し興味あるなあ」という方!!ぜひこの機会にメインテナンス、始めてみませんか???smile


先週は馬場さんが定期検診の大切さについて書かれていらっしゃいましたが、本日は当院でのメインテナンスで行っているPMTCという歯のおそうじについてお話しさせていただきますnotes

PMTCとは、P(プロフェッショナル)専門家による M(メカニカル)機械的な T(トゥース)歯の C(クリーニング)清掃
という意味で、先生や衛生士さんといった専門家による徹底的な清掃のことをいいますeye

現在、日本人のほとんどが毎日歯みがきをしていますが、それでも虫歯や歯周病になってしまう方が後を絶たないのはどうしてなのでしょうか??sweat01

それは、歯みがきだけでは念入りに磨いていても磨き残してしまっている事が原因のひとつでもあります。
とくに、1:歯と歯のあいだ 2:歯茎と歯の境目 3:歯のこまかい溝
といった場所のこびりついた汚れは歯みがきでも磨き残してしまうことが多いのですcryingなので、このような歯みがきでは落とせない汚れをやわらかいゴムのチップなどを使ってはがしとって悪玉菌の多い状態を善玉菌の多い状態にしてしまおうflairというのがPMTCなのですscissors


さて、ここでPMTCを使った虫歯予防の研究についてご紹介します。

定期的にPMTCを受けたグループとそうでないグループで20年間の間、どのくらい虫歯が発生したかを比較したところ・・・
なんと!!
PMTCを受けなかったグループは、PMTCを受けたグループに比べて70%も虫歯になってしまったのです!!shockまた,定期的にPMTCをすることで、97.7%歯を守ることができるということも立証されているのですwink

なので、ぜひ毎日の歯みがきとメインテナンスによるPMTCをオススメします!lovelyshine

あなたの歯(財産)を守る『定期検診』(^^)/

2015年03月24日

こんにちはsun

虫歯予防、歯周病予防に努めている鹿児島市小田原歯科の受付・歯科助手の馬場ですnote

 

桜もポツポツ咲き始め、いよいよ春めいてきましたねcherryblossomshine

先日は衛生士の郡山さんが入団している、宮之城吹奏楽団の定期演奏会に行って参りましたlovelynotes

とても素晴らし演奏で、大感動でしたよーcryingsmile

 

 

さて、今回はホームページ内にも書いておりますが、「定期」繋がりで定期検診の重要性について

改めてお伝えしたいと思いますflair

 

クリーニングをしたり、歯周ポケットの深さを測ったり、歯ブラシの磨き残しやブラッシングの

仕方をチェックしたり、痛いところはないけれど定期的に先生に診てもらったり…。

これらのことが本当に重要なことなのだろうかと思われる方もいらっしゃるかと思いますbearing

 

小田原歯科では、患者様方の歯の歴史をグラフ化し、年齢と共に患者様ご自身の歯の数がどのように

変化したかを見てもらっていますeyeflair

 

たくさんの患者様の歯の歴史をグラフ化しましたが、定期検診を受けられている方のグラフは

このような形が多いですshine

↓↓↓

 

 

P1050257.JPG

 

(下の数字が年齢、右横の数字が歯の数です)

 

また、以前は歯が痛くなった時だけ来られていたけれど、歯をどんどん失ってしまい、

定期検診の大切さを身を以て感じられ、このようなグラフになった方もいらっしゃいますconfident

↓↓↓

P1050265.JPG

 

 

 


 

これらのグラフからもわかるとおり、定期検診は歯を失わないために行う最も大切なこと、

イコール健康に生きていくうえで必要不可欠なことなのですhappy02good

すぐに効果が実感しにくいため、心が折れて定期的に通うことが

おっくうになることもあるかもしれませんsad

ですが、『定期検診』は確実にあなたの歯の健康を守ってくれますflairshine

 

それに、一枚目の写真のグラフのように60代の方が40代の時と同じ歯の数ということは、若さも維持

できているということですよねheart素敵lovely

 

 

親からもらった大切な大切な歯(財産)を定期検診でしっかり守っていきましょーsmileconfident

 

 

 

歯周病と全身疾患

2015年03月16日

虫歯予防、歯周病予防に努めている鹿児島市小田原歯科の歯科衛生士 郡山ですhappy02

みなさんは、歯周病がお口の中だけでなく、全身の健康にも影響を与えるということをご存知ですかsign02

歯周病が進行すればするほどお口の中の細菌の数は増加し、常にお口の中が炎症状態になりますthunderthunder

炎症が起こっている歯肉は血管が増殖するため赤く腫れ、少しの刺激で出血しやすくなりますbombimpact

出血しやすくなるということは、そこから歯周病菌が入り込み、血液を通じて全身に流れていくのですtyphoon

なかでも脳梗塞になる確率は、健康な歯肉の人の約2.8倍sign03

低体重出産・早産の確率はなんと約7倍にものぼりますdash

これはアルコール摂取や喫煙によって起きるよりもずっと高い数字なんですsweat01

•その他の歯周病と関係があるとされる全身疾患

低体重児早産、糖尿病、関節炎、腎炎、骨粗しょう症、動脈硬化、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、メタボリックシンドローム、誤嚥性肺炎などなど・・・

 

「歯科医院に行かなくても別に命に関わることはないだろう」と思ったことはありませんか??
お口は命の入り口です。健康で豊かな生活を送れるようにしっかりと歯のクリーニングを続けていきましょうhappy01heart02

セラミックについて

2015年03月07日

虫歯予防・歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の歯科技工士有迫です。

補綴物(詰め物や被せ物)の素材には様々な種類があり、その中の一つ、セラミックの特徴についてご紹介します。
材質はガラスでできています。
透明感があり、自然の歯に近く仕上げることができます。
歯垢や食べ物の色素が付きにくいため、半永久的に色が変わることがありません。

セラミックの補綴物には、大きく分けてメタルボンドとオールセラミックがあります。

MB (3).jpg


メタルボンドとは、金属のフレームにセラミックを焼き付けたもので、金属で補強しているため、耐久性に優れています。


 

Zr (2).jpg


オールセラミックとは、100%セラミックのみでできています。
金属を使った場合、金属イオンによって歯茎が黒ずんだりするのですが、オールセラミックの場合、このような不安がなく、また金属アレルギーの心配もありません。




ただ、セラミックにも欠点がないわけではありません。
材質の性質上、欠けたりすることがあり、保険でも認められていないので、高額になります。

今回はセラミックの特徴をまとめてみました。