お知らせ・小田原歯科便り

2015年5月

2015年5月の記事一覧です。

ファイバーコアについて

2015年05月16日


虫歯予防、歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の歯科技工士有迫です。

今日は、ファイバーコアを紹介したいと思います。

ファイバーコアとは、特殊なガラス繊維強化型樹脂素材(グラスファイバー)を多数束ねて作られている、歯の土台の事です。

虫歯になった部分を取り除き、根の治療を行った後は、被せものを支える台として土台(コア)を入れる必要があります。

その土台で用いる材料の一つが、ファイバーコアです。

土台の種類は他に金属でできた、メタルコアなどがあります。

歯の土台は目立たない部分ですが、非常に需要な部分です。

ファイバーコアは、金属などと比べて、色々なメリットがあります。

 

DSC_0468.jpg


 


 

○硬さや弾性が歯とほぼ同じで適度なしなりがあるため、歯が割れにくく、歯にやさしい材料。

○金属を全く使わないので金属アレルギーの心配がない。

○金属は腐食し、歯肉などが、黒ずんでくるが、その心配がない。

○透過性があるので、自然な仕上がりになる。

ただ、保険がきかないため、値段が高くなるのですが、オールセラミッククラウンと併用することで、より自然歯に近い仕上がりにすることができますよ。

唾液検査

2015年05月10日

こんにちはhappy01
むし歯予防、歯周病予防に努めている、鹿児島市小田原歯科の受付下野ですconfident

前回の前田先生のブログにて、唾液の力について詳しく説明があり、唾液検査というものがあることをお伝えしましたが、今回はその唾液検査とはいったい何??ということについて、お話ししたいと思いますflair

むし歯には、主に3つの原因があります。

oneむし歯菌の数
two食事の習慣
three歯を守るチカラ
むし歯になる人とならない人がいるのは、この原因の組み合わせが人それぞれ違うからです。
唾液を調べることで、あなたの本当のむし歯の原因がわかります。
それを知り、この3つを上手にコントロールできれば、むし歯は確実に予防できますsign03

では、唾液検査とは何をするのか??
検査は簡単ですshine
5分ほどガムを噛んでいただき、唾液を出してもらいます。
この唾液を使って、あなたの唾液の量がどれくらいなのか、唾液のチカラはどれくらいなのか、むし歯菌の数はどれくらいなのかを調べていきます。
唾液が多く出るほど、口の中の食べ物を早く洗い流してくれ、歯の質を強くしたり、抗菌作用も働きます。
唾液のチカラを知ることで、食後の歯が、溶けやすい環境からどれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。
むし歯菌の数がわかれば、あなたがどれだけむし歯になりやすいのかがわかり、またどんな細菌が多いのかを知ることができます。

ちなみに、私下野の唾液検査の結果は…

DSC_0230.jpg

写真が見にくくてすみませんwobbly
左側の青い粒々は、むし歯のきっかけを作る菌です。
ちなみに4段階評価で、悪い方から2番目ですshock
右側のケースの中の黒い板の上にちょこっとだけある白い丸いものは、むし歯を進行させる菌です。
しかしこちらは、1番いい評価にhappy02
唾液の量は4段階評価のいい方から2番目ながら、唾液のチカラは最低レベルcrying


これに食事の習慣等を考慮して導き出された、私下野が今後1年間でむし歯になる確率は『50%』でしたpencil
ここまでの結果を見ると、むし歯のきっかけを作る菌が多く、唾液のチカラが弱い私は、ちょくちょくむし歯になってもおかしくないのですが、以前治療した経験はあるものの、ここ数年新しいむし歯はできていませんscissors
それはなぜなのか??
それはむし歯を進行させる菌が非常に少ないからで、このむし歯を進行させる菌の数というのは、普段の食生活が大きく関係しているのです。
つまり、普段から小田原歯科でお話している、むし歯予防と食生活の話を知っている自分の行動で、むし歯を進行させる菌を知らず知らずのうちに減らすことができていたおかげで、自分の歯を守ることができていたということを知ることとなりましたshine
逆を返せば、もし食生活が乱れ、むし歯を進行させる菌を増やしてしまうと、すぐむし歯になってしまう可能性大danger

このように、唾液を検査するだけで、ここまでわかるのですsign03
あなたのお口の特徴がわかれば、あなたにあった効果的な予防を知ることができますflair
私たちスタッフと一緒に、あなた仕様の楽して効果的な予防法を考えてみませんかsign02