お知らせ・小田原歯科便り

2015年9月

2015年9月の記事一覧です。

プラセンタ

2015年09月29日

こんにちはsun

小児のむし歯予防、成人の歯周病予防に努めている鹿児島市小田原歯科にて

歯科衛生士をしております川井田ですnote

どうぞ宜しくお願い致します<(_ _)>

 

最近、少しずつ涼しくなりこれから乾燥が気になる時期ですよねweep

お肌の乾燥や口元の肌トラブルが気になるこの時期に最近注目を集めているのが

「プラセンタ」ですheart

年齢とともにたるみやシミ・シワなど気になるトラブルが増える口元kissmark

小田原歯科ではエイジングケアとして注目を集める「プラセンタ」を痛みなく肌深部に導入し、

ピンと張った口元ですっきり若々しい印象になります(^O^)heart04

 

口元の肌トラブルは栄養素の減少によって起こりますimpact

加齢による肌トラブルの一番の原因は肌真皮層にある美肌成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」が

加齢や紫外線の影響によって減少し劣化するためです。

また、加齢によってこれらの美肌成分を産生する力も減少するため、肌は弾力を失いシワやたるみになりますcryingsweat02

 

そこで肌トラブルにとても良いとされるのがプラセンタです。プラセンタとは「胎盤」のこと。

赤ちゃんを育てる源であるプラセンタは上質な栄養素がたっぷり含まれ、肌細胞を産生・修復しますhappy01

通常化粧品で使用されるのは、「豚」のプラセンタpigですが、

小田原歯科では3倍の価値があり純度が高く効果的なギルギス産の「馬」のプラセンタhorseを使用しています^m^

 

普段の洗顔では落とせない毛穴のつまりや老化した角質まで落としたあと、

特殊な電気パルスを利用し肌の真皮層までプラセンタと栄養分を導入しますheart04

小顔やたるみに効果的なマッサージや超音波導入も行う、充実した内容ですlovely

 

皆さんもプラセンタを取り入れプルプルツヤツヤふっくらした口元を手にいれませんかsign02

分からない事興味があればスタッフまでお尋ねください。

 

 

 

 

思春期の歯肉炎

2015年09月05日

こんにちは(^^)

むし歯予防、歯周病予防に努めている鹿児島市小田原歯科にて
歯科助手をしております濵田です!
初めてのブログ更新!ということで緊張しております・・・
どうか最後までお付き合いください!

ワタクシvirgo小田原歯科スタッフで唯一の十代virgoということでvirgo

今回は十代の女の子と歯肉炎の関係についてお話ししたいと思いますvirgo

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
思春期の女の子は、 はぐきが赤く腫れたり、
出血しやすくなったりします。

それは、生理が始まるころから女性ホルモンの分泌が急に増え、
ちょっとした刺激にも敏感になるからなのです。

しかし、はぐきの状態が良くないからといって
歯磨きをやめてしまうのは逆効果です!
歯肉炎を起こす本来の原因は、お口の中の汚れですので、
歯磨きは続けて下さいねkissmarkdiamond

思春期に起こる歯肉炎も少しのことに
気を付けていれば大丈夫です◎

▶▶ 歯とはぐきの境目を丁寧に磨く
はぐきの炎症はお口の中を清潔にしておけば防ぐことができます。
とくに歯とはぐきの境目は要チェックポイントですので、
ぜひ、衛生士さんに上手なブラッシング方法を
教わりにいらっしゃってくださいrundiamond

▶▶ バランスのとれた食事をとる
体が急に成長するこの時期は特に、お口や全身の健康のためにも、
栄養バランスの良い食事をとらなければなりません。
よく噛んで食べることも大切ですpig

▶▶ 定期的に歯科医院でチェックを受ける
ご自宅でしっかりと歯磨きができているつもりでも、
実は磨けていないことはよくあります。
定期的にチェックを受けにいらっしゃってくださいrundiamond


夏休みが終わり、また忙しい日々が始まると思いますが、
メインテナンス(歯の定期検診)、歯磨きを徹底し、
一緒に歯周病、むし歯予防に努めていきましょうeyerockimpact