お知らせ・小田原歯科便り

お口の中からインフルエンザ対策!(^0^)/


こんにちは!!小児の虫歯予防、成人の歯周病予防に努めている、
鹿児島市小田原歯科歯科助手の井手之上ですcatface

すっかり朝晩冷え込んできて、冬が近づいていることを感じる今日この頃ですが、体調を崩したり、風邪をひいたりしていませんか?sweat01インフルエンザも流行しだしているので、より一層体調管理には気をつけたいですよねshine


ということで、本日はインフルエンザとお口の中の関係についてお話しさせていただきますwink
インフルエンザの予防といえば・・・うがい手洗い、予防接種、外出時のマスク着用がありますが、お口の中をきれいにしておくこともとっても効果的なことなんです!!scissors

 

お口の中には多くの細菌がいて、たんぱく質を分解する酵素などを作りだします。これがのどの粘膜を保護している糖たんぱく質というものを壊してしまうため、インフルエンザのウイルスがくっつきやすくなってしまうのですcrying
インフルエンザは口から感染しやすいため、お口の中に細菌が多いと口やのどの粘膜にくっつきやすくなってインフルエンザに感染する機会が増えてしまいます・・・shock

 

健康なお口の中は唾液の力によって歯の表面や粘膜についた細菌や汚れを洗い流す自浄作用がはたらきますが、免疫力が落ちているときや歯みがきが十分でなかったり、歯周病などでお口の中に細菌が増えてくるとその機能が低下してしまいますsweat01

また、歯科衛生士による口腔ケアを受けた方とそうでない方のインフルエンザの発症率を比べると、口腔ケアをした方の発症率がそうでない方の10分の1になったというデータもあるのですsign03

 

虫歯や歯周病の予防が同時にインフルエンザの予防にもつながりますflair

ご自身での歯みがきによるセルフケアと、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアでお口の中を清潔にするようにしましょうnotes
もし、忙しくて歯みがきをする時間がない・・・wobblyという時には、うがいをしたり、お茶を飲んでのどに付着した細菌やウイルスを洗い流してしまいましょうpunch

お口は体の入り口ですkissmarkshine
予防をしっかりしてインフルエンザに負けないようにしましょう!!run