お知らせ・小田原歯科便り

1日何回食べてますか??


こんにちはhappy01
成人の歯周病治療、小児のむし歯予防に取り組む小田原歯科の歯科衛生士、西村です。

突然ですが皆さん、1日に何回食事を摂っていらっしゃいますか?
生活スタイルは人それぞれなので、1日3食しっかり食べますよ!という方もいらっしゃるでしょうし、2食の方も多いでしょう。
中には「現代人はとにかく食べすぎ!1日1食でも大丈夫です。」と、おっしゃる内科医の先生までいらっしゃるようですcoldsweats01

さて、日本人が1日3回食事を摂るのが定着したのが、江戸時代中期以降。それ以前は1日2食が普通だったとか。
一説によれば1657年に江戸を襲った「明暦の大火」のあと、街を復興するために集まった職人さんたちが、ハードな
肉体労働に耐えられるよう、1日3回食事を出すようになったのが徐々に浸透していった。という話があるようです。
また、このころ物流が良くなり照明用の菜種油が広く出回るようになり、起きている時間が長くなったのも、1日3食となった一因だそうです。
さらに時代が進み江戸っ子たちは文化元年以降、グルメランキングならぬ「料理屋番付」を発行し始めました。これはフランスで「ミシュランガイド」が刊行される実に100年以上前の話で、店同士で味を競っていたと言うのですから驚きですcoldsweats02
江戸っ子たちも、現代の私たちと同じように食べることを心から楽しんでいたんでしょうねshine

そして、食べる時になくてはならないのが、そう「健康なお口」ですね。
小田原歯科では、皆さんが生涯ご自身の歯で美味しく食事を摂って頂けるよう、日々診療しておりますrock
ぜひ、歯医者を上手く利用して、いつまでも美味しく楽しい人生を送りましょうnote