お知らせ・小田原歯科便り

卑弥呼の歯がいーぜ


こんにちはhappy01

鹿児島市で成人の歯周病予防、小児のむし歯予防に取り組む小田原歯科の歯科衛生士 宇治野です

いよいよ10月も終わり、すっかり風が冷たくなってきましたbearing

皆さん秋の味覚は楽しんでいらっしゃいますか?

今日は楽しくおいしく食事をするために必要な「噛む」力について。

「よく噛んで食べましょう」と一度は言われたことがありませんか?

もちろん私たち歯科医療従事者も声を大にして言います 「よく噛みましょうsign03

そこで、噛むことの効用をわかりやすくまとめた標語「卑弥呼の歯がいーぜ」をご紹介しますgood

 

肥満の予防

しっかりと噛んで食べることで、満腹中枢が働き食べ過ぎを防止します。

味覚の発達

しっかりと噛んで、食べ物をよく味わうことで、味覚が発達してきます。

言葉の発音がはっきり

口の周囲の筋肉が鍛えられることによって、表情が豊かになり、言葉の発音もきれいになります。

脳の発達

あごをしっかりと開閉させて咀嚼することは、脳に酸素と栄養を送り、脳の働きを活発にしてくれます。

歯の病気を防ぐ

しっかり噛むことで、唾液の分泌が促されるので、口内環境をきれいに保つことができます。

がんを防ぐ

唾液に含まれる酵素には、発がん物質の作用を抑える働きがあると言われています。

胃腸の働きを促進する

よく噛むことによって、消化しやすくなる上、消化酵素の分泌が促進され、胃腸の働きが活発になります。

全身の体力向上

重いものを持ち上げたり、体に力を入れたりするときには、歯をグッと食いしばるものです。歯が健康で、しっかり噛みしめることができれば、力を十分に発揮することができます。

 

食事中によく噛むことはもちろん、キシリトールガムなどのデンタルガムもおすすめですwink

メンテナンスにご来院の際や、お近くにいらっしゃったときにはぜひご購入下さいshine