お知らせ・小田原歯科便り

顎関節症について


こんにちはsun

鹿児島市で成人の歯周病予防、小児のむし歯予防に取り組む

小田原歯科の歯科衛生士の塩屋ですvirgo

だんだんと、朝・夜が涼しくなってきましたねmaple

私は、もう毛布をかぶって寝ていますcatface

 

ところで皆さんは、お口を閉じたとき、上下の歯が接触していませんかsign02

1日の中で上下の歯が接触する時間は、わずか20分程度といわれていますimpact

普段から歯が接触していると、必要以上に負担がかかりますsweat01

噛みしめ、食いしばりが習慣化してしまうと、

歯にさまざまな影響を及ぼしますbomb

・歯の異常なすり減りやひび、割れ

・詰め物がよく外れる、壊れる

・知覚過敏、歯周病の進行

・顎関節の音がカクカク鳴る、痛む

また、身体と歯以外の部分にも

不快症状を引き起こす原因となりますsweat01

頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、腹痛、顎・首・ひざの痛み、視力低下

などの症状が生じる場合がありますcrying

主な治療方法はマウスピースを作成し、就寝中に使用することで

歯を守ることができ、症状が改善しますshine

 

気になる方はスタッフにご相談くださいhappy01