診療案内

3ミックス療法


3ミックス療法

3ミックス療法とは、虫歯にペースト状の抗生剤を塗って蓋をして、1ヶ月ほど経過観察し、虫歯菌が死滅しているのを確認した後に詰め物をするという治療法です。虫歯の治療は、麻酔をかけて歯を削り、詰め物をするというのが一般的。虫歯が大きくなると神経を抜かなければならないこともあります。しかし、3ミックス療法なら抗生剤を塗って虫歯の部分を無菌状態にすることで、歯を削る量を最小限にできる為、神経を抜くリスクを最小限に抑えることができます。また、麻酔をかける必要がない場合が、多く痛みを感じないというのも魅力です。


生えたての歯は特に虫歯になりやすいと言われています。3ミックス療法は自費治療ではありますが、成人の方はもちろん、永久歯になりたてのお子様にもおすすめの治療法です。